スロット・パチンコの等価交換と非等価交換について

スロットやパチンコでたくさん出玉を出したあと必ずみなさん特殊景品に交換しているかとおもいます。

しかし1玉4円で1000玉交換したのに3000円しかもらえなかったなんて普通にありますよね。

これは何が起きているかというと「換金率(交換率)」というものがお店ごとに設定されていて4000円分の出玉をだしたからと言って4000円もらえるというわけではないんですよね。

しかしお店によってはきっちり4000円もらえる場合もあります。

等価交換・非等価交換って呼ばれたりしてますが今回はこちらを解説していきます。

スポンサーリンク

等価交換と非等価交換の意味について

まずはじめに等価交換と非等価交換の説明です。

等価交換とは

とうかこうかん【等価交換】 等しい価値を有するものを相互に交換すること。

説明の通りです。1玉4円のパチンコで1000円を入れ250玉を出し、それを遊戯せずにそのまま交換に流したらきっちり1000円として返ってくる。これが等価交換です。

非等価交換はその逆で1玉4円のパチンコで1000円を入れ250玉を出し、それを遊戯せずにそのまま交換に流したら1000円は帰ってこず800円とか600円になる。これが非等価交換です。

なので遊戯している人は等価交換でないとすごく不利で損をしてしまいます。

そしてこの交換率ですがお店、そして地域によって異なります。

20円スロットを例にあげますが

A店では1000円の交換をするのに50枚で交換できます。

B店では1000円の交換をするのに55枚で交換できます。

C店では1000円の交換をするのに60枚で交換できます。

お店からメダルを借りた時点の価値はどのお店も1枚20円なのですが、それを交換するとなると話は別で1枚あたりの値段が下がります。上の例で言うなら55枚交換だと1枚の価値は約18円に60枚交換だと1枚の価値は約16.5円になっていることがわかります。

なのでしっかり店舗ごとの交換率を知る必要があるわけですね。知らないと交換率のひどい店で遊戯してしまい交換の際にがっかりしてしまいます。

ただし交換率ってどうやって知るの?って話ですがそれをホールは発表できないルールになっています。店員さんに聞いたとしても基本的には教えてくれません。

じゃあどうやって知るのか?という話になりますがそれはお店のカウンターまたは入口付近に掲示されている特殊景品交換表みたいなものから推測するという形になります。

たとえばこんな表ですね。

これから推測するに・・・

赤が5000円の特殊景品

黄が1000円の特殊景品

青が200円の特殊景品であるということがわかると思います。

1円パチンコの項目がわかりやすいと思うので解説すると

赤は5500玉、黄色は1100玉、青は220玉

つまり1000円あたり100円の交換手数料がかかるというわけですね。

こんなかんじで推測していくしかありません。

地域によって異なりますが基本的には小景品と呼ばれるものは200円か500円であることが多く、中景品は1000円、大景品は5000円であることがほとんどです。

会員カードシステムを使ってお得にプレイ

どこのお店でも会員カードというものがほぼほぼ存在します。

これはお店側としてもお客さんをリピーターとして迎えたいという戦略でもありますが、一番の美味しいサービスはやはり再プレイ機能ですかねー

非等価交換の場合はやはり毎回の交換率がすごく損だとわかっていただいたと思います。

しかし再プレイ機能を使えば非等価のお店でも実質等価交換と同じように前回の出玉をそのままセーブしてプレイできるので損をしません。どうせそのお店にまた行くのであればよっぽどお金に困ってない限りは交換するのはやめ再プレイを使っていくとよいでしょう。

【勝てない方!もっと勝ちたい方!必見!】勝率アップをサポートするWebサイト!


データロボサイトセブンについて


パチンコ・パチスロにおいてデータ収集をすること、設定状況をつかむこと、強い日を知ることはとても大切ということはこのブログでもたくさん説明していますし、もはやスロッターの方々には分かりきったことだと思います。

しかしながらそれを怠っている人が多数いるため、お店の傾向的に設定が明らかに入らない台にお金を突っ込む人がいたりして、負ける人がほとんどです。

そんなことでは勝てる時は勝てるかもしれませんが、トータル的にはほぼ100%と言っていいほど負けてしまいます。

そんな状況を打破するためにとても便利なサイトがあります!

「データロボサイトセブン」です。


全国約2000ホール出玉情報チェック

全国約2000ホールの出玉状況を含むデータがほぼリアルタイムで見れる最強のWebサイトです。

約1週間まで過去のデータを遡ることができ、出玉推移などもグラフで確認が可能です。

個人的にとっても使える機能だと思うのがAタイプのデータ収集ですね。

例えばジャグラーなら、全台の合算が台番号と共にひと目で確認することが出来ます!

日常的には仕事終わったあと閉店間際に設定6に近い台があるホールをあらかじめ調査しておいて打つこともできますし、わざわざ閉店チェックをしなくても前日回転数から朝一据えなら天井が狙える!って台も把握することが出来ます!

なにより複数ホールが1個のWebサイトで確認できるのは本当にありがたいです!

ひとつ伝えておかなければいけないのは月額300円がかかってしまうということです。

ただ月額300円って高いと感じますか?

スロット、パチンコを遊戯している方はよくそれ以外にお金を使うことを節約しがちですが、この300円は毎日適当な台に座って数千円や数万円負けることを考えたら遥かに良心的、むしろよっぽど立ち回りが悪くない限り300円はこのデータロボサイトセブンで余裕で勝てる金額だと思うんです。

利用するかしないかはあなた次第です。

ぜひ勝率アップに繋がるこういうデータサイトもあるんだということを把握して、ちょっとでも勝てる人になりたいと思ってる方は登録してみてください。

登録はこちらのバナーかリンクをクリック!



全国約2000ホール出玉情報チェック

スポンサーリンク

フォローする