甘デジ:カイジ 沼 3 ざわっ… 潜伏・スペック・ボーダーまとめ

ミドルタイプで登場していたカイジの沼3が甘デジで登場しました。パチンコCR弾球黙示録カイジ沼3 ざわっ…Ver.です!大当たり確率は88.8分の1となっております。

この記事では潜伏確変の詳細、スペック、ボーダー、演出信頼度などまとめています。

今回もミドルタイプ同様潜伏確変があります!これが結構厄介なのでしっかり理解して遊戯しましょう。

甘デジも潜伏がある分出玉力は高いようです。

それではスペックを見ていきましょう。

スポンサーリンク

スペック

確率:突入率:継続率など

大当たり確率:1/88.8(確変中:1/31.3)

確変突入率:52.5% or 次回まで

確変継続率:52.5%

時短突破確率:時短30回(約28.8%)

平均連チャン数、平均出玉:約4連チャン、約3,000個(初回12Rの確変をとっていたものとする。)

大当たり振り分け

ヘソ

12R確変 次回まで  12.5%

3R確変     電サポなし    40%(潜伏確変)

3R通常     電サポなし 47.5%

ヘソ(潜伏確変中)

12R確変 次回まで  12.5%

3R確変     次回まで    40%

3R通常    電サポ30回 47.5%

電チュー

12R確変 次回まで  12.5%

4R確変     次回まで    40%

3R通常    電サポ30回 47.5%

注意しなければいけない点は初回でヘソ3R確変を引いても潜伏してしまう点です。

潜伏中にさらにヘソで3R確変を引くと電サポ次回までの確変状態になるという特殊スペックです。

また潜伏中に3R通常を引いた場合も電サポ30回転はついてくるので電サポが潜伏確変中の大当たりは電サポが必ずついてくるということになります。

出玉

12R 約1390個

4R      約460個

3R    約350個

オーバー入賞がしやすい台になっているので積極的に狙っていくこと。

潜伏確変、潜確の示唆など

潜伏していているかどうかの示唆はざわバナー、帯が赤なら潜伏確変濃厚だ。

通常の色だと潜伏しているかどうか不明なため、50回転ぐらいは回したほうがいい。

確変中:1/31.3なので潜伏中はこの確率を狙っていくことになる。

それ以外にセグで判断するのも無理なのでこの示唆に頼っていくか、やはり数回転回して当たらなかったら潜伏してなかったのかも・・・?と結論づけてやめるしかない。

ボーダーライン

4.0円 19回

3.6円 20回

3.3円 20回

3.0円 21回

目安として20回転回ってくれれば打てそうですね。

演出

最強決戦沼リーチ

本機最強リーチ!

信頼度は約7割!カイジvs沼モンスターのリーチだ!

歴代沼リーチ

過去のシリーズ機種のリーチ演出で楽しめる歴代沼リーチ演出。

青、緑、赤、金と年代ごとにわかれており、赤、金だと大当たりのチャンス!

年代が古いほどチャンスだ!

赤・金なら信頼度は5割を越える!金は8割以上!

実写沼リーチ

実写の沼でのリーチ演出。玉の数やクルーンの色、その他チャンスアップで信頼度が変化。

この演出も大当たりに絡みやすい!

4大僥倖演出

イチゴ柄

キレパンダ柄

カイジ一服演出

天啓ゾーン

この4種類。

イチゴ柄、キレパンダ柄は信頼度9割越えの超激アツ演出!

カイジ一服演出はお馴染みのカイジがタバコを吸う演出。

天啓ゾーンは突入しただけで信頼度5割あるので展開に期待したい。

まとめ

潜伏確変があるためなかなか連チャンしない尖った台です。

データグラフの大当たり履歴が1で並ぶことが多い。

ただ沼RUSHに入れば以外と継続してくれるため、まとまった出玉を得やすい。

12Rの出玉も約1390個と甘デジとは思えないぐらいでるため、1回でも引ければ勝ちにつながる。

初あたりも若干軽いのが嬉しいところ。

ただ単発が続いて確変時も左打ちで消化させられてしまうのは結構苦しいので、私はちょっとオススメできない1台です。

同じカイジシリーズの甘デジなら断然、こちらを打つと思います。

勝てる甘デジ:弾球黙示録カイジ3!スペック・ボーダーなど解析

その他オススメのライトミドルはこちら!

勝てるライトミドル!オススメのライトミドル!2018年版

オススメの勝てる甘デジはこちら!

勝てる甘デジ!オススメの甘デジ!2018年版