パチンコ新台:CR真・花の慶次2!スペック・導入日など解析

2017年12月18日に導入予定のパチンコ新台「CR真・花の慶次2」に関する解析情報をまとめていきます。

今回は確変転落タイプとなっておりスペックを見る限り出玉が荒れそうな予感。

花の慶次シリーズでの転落抽選タイプは初めてですね!

有名版権なだけに期待が高まります!!!

スポンサーリンク

スペック

確率:突入率:継続率など

大当り確率1/319.6(確変中:1/145.3)

確変突入率:70%(ヘソ) 100%(電チュー)

電サポ回数:100 or 100+a

確変転落率:1/270.8

確変継続率:約65%

平均連チャン数、平均出玉:調査中

大当たり振り分け

ヘソ

16R確変(電サポ100回+α) 10%

6R確変 (電サポ100回+α) 60%

6R通常 (時短100回)        30%

電サポ

16R確変(電サポ100回+α) 100%

1Rあたりの出玉は126玉なので16Rで2016玉となります。


ボーダーライン

4.0円

3.6円

3.0円

目安

現在調査中です。

確変「真・RUSH」について

確変「真・RUSH」は転落方式を採用した確変状態で転落フラグと大当たりフラグどちらを先に引けるかで勝負が決まります。

大当たり確率は1/145.3

転落確率は1/270.8

となっており継続率は約65%

この確変中の大当たりは全て2016発なので大量出玉に期待ができます。

また100回転以内に大当たりを引いた場合は何も問題なくラウンド消化後に再び確変再開ですが、もし100回転以内に転落フラグを引いてしまった場合は100回転までは引き続き右打ちで回せるが、大当たり確率は通常確率1/319.7になり電サポ100回転目で通常の左打ちに戻ります。

時短「傾奇RUSH」について

6R通常 (時短100回)        30%

を引いた場合に突入するこのモードは大当たり確率1/319.7で100回転回せる引き戻しの時短モードである。

引き戻せる確率は約27%となっており、ここで引き戻しに成功すれば16Rの出玉を獲得しつつ確変「真・RUSH」へ突入という流れだ!

演出

保留変化

調査中。

ゾーン紹介

戦狂ゾーンを搭載!突入したら要注意だ!

キセル演出

やはり今作も健在!キセル演出!発生時点で激アツだ!

期待度に関しては調査中です。

まとめ

花の慶時シリーズの最新作ということで裸眼3D液晶などを搭載したことによりさらに演出面が派手になりましたね!

今回導入した確変転落方式が吉と出るか凶とでるかどっちに転ぶか楽しみです。

しかしスペック面だけみるとすごく良さそうに感じますね。

RUSH突入自体は70%あり30%を引いても27%でRUSHに突入するならなかなか戦えそう。また確変中ALL16Rというのも強みですね。

問題は確変中に大当たりも転落も両方引けなかった場合どんどん右で削られていきそうなので、どんな釘なのか。またホール側の調整が気になりますね。

ホールの主要機種となるかならないか。導入に期待ですね!