スロット規制強化で6号機の時代到来!ハナハナ・ジャグラー完全撤去

現在ホールの稼働のメイン機種でもあるハナハナやジャグラーをはじめとしたAタイプ。

今回そのメイン機種が2018年2月の風営法改正に伴い、規制されホールに置けなくなっていく。

5.9号機が終了して6号機の時代が到来するのだ。

ただでさえ出玉の獲得や勝つことが難しくなってきているスロットだがどんな規制が追加されるのか・・・今回はそんなことをまとめていきたいと思う。

スポンサーリンク

時代は6号機へ・・・新たな規制・・・

今回発表されたスロット規制内容は以下のとおりだ。

①払い出し枚数上限480枚→300枚

②出率120%以下→105%以下へ引き下げ

主にスロットに大きく影響してくるのがこの2つである。

つまり①にあげた払い出し枚数が300枚が上限・・・これは今ある一般的なAタイプのBIGボーナスの払い出し枚数が引っかかる。

これによりジャグラーをはじめとしたハナハナ、HANABI、サンダー、バーサスなどのAタイプ全般が撤去されてしまうというわけである。

じゃあ今後ジャグラーシリーズやハナハナシリーズはもう打てなくなるのか?というと現在のままでは置けないのでスペックなどを新しくしてこの規制に則った感じで新機種を作らなければならない。

具体的にどんなジャグラーが登場するかというと・・・

現在存在するジャグラーのスペックを落とした劣化版が登場するということになる。

出玉がたくさん出ないようにBIGボーナスの枚数をただ単純に削って確率はそのまま。

ボーナスの確率を軽くして出玉を大幅に下げて連チャンしやすい仕様に変更する。

ボーナスの確率を重くしてその分1000円あたりかなり回るように変更する。

などなどが単純に考えられます。

今まではBIGで300枚以上サクサク出ていたのに200枚ちょっとしか払い出しされなくなったとか完全劣化の台に成り下がることが予想されます。

またボーナス確率を重くして回るようになっても今度は通常時が苦痛なものになっていきAタイプで一番嫌なハマりも頻繁に訪れるようになったり、ジャグ連などの醍醐味なども味わいにくくなってしまいます。

また出玉率も105%まで落ちてしまうのでほとんどの台で勝つことは更に難しくなっていくということになりますね。

ただでさえ勝てなくなってきているのに今後どうやって勝っていくのでしょうか・・・

スロプロ、専業の方はこれからもプロとして稼働できるのか?

ギャンブルから足を洗う人が増えそうで国の思う壺って感じですね。

この規制によりホールもたくさんの機種を撤去しなくてはいけなくなるため大打撃を受けますね。打ち手やホールは全く得しない今回のスロット規制ですがどうでしょう。

メーカーもその規制をうまくかいくぐった面白い台を今後作ることができるのでしょうか?

6号機になってもしっかり打てる台が生まれることを祈りたいですね。

ちなみに来年の2月になったら即撤去しろ!というわけではなくそこから3年間の規制対象ということではじめに何台か撤去してから徐々に撤去されていくという感じになるのではないでしょうか。

しかし今後の規制次第ではやっぱり即撤去しなさい。と命令が下るかもしれません。

全スロッターにオススメしたい必見のカチカチくんはこちら!

→設定6を掴め!カチカチくん!